当社について

仙草は、
仙人から授かったとされる夏バテの解消法です。
原野で力強く、
天地に従い、おのれの意思に従い、時には地に伏せ、時にはまっすぐにそそり立ち、自由に育つその姿は、存在するためだけにあります。
目利きが現れるのをを待ち、時間が美味しく育くんでくれるのを待ち、
じっくり煮込み練り合わせられるのを待ち、そしてこれらを経て口に入れた時こそ、心の静けさと共に体内の暑さが消えて涼しさを感じることができるのです。
黒色の中に輝く金色は、その生命の色彩です。
100年以上にわたり唯一無二を貫いてきた、ひたむきな純粋さです。

1900年、今から100年以上前、
彰化県員林市の張家は、仙草に人生を捧げました。
野生の仙草は当時の人々の生活と同じで、原野で根を張り、そして成長するためには必死に努力
しなければなりません。これは基本であり、不可欠なことなのです。
強さに磨きをかけ、臨機応変に対応する適応力も培ってきました。

仙草は、
仙人から授かったとされる夏バテの解消法です。
原野で力強く、
天地に従い、おのれの意思に従い、時には地に伏せ、時にはまっすぐにそそり立ち、自由に育つその姿は、存在するためだけにあります。
目利きが現れるのをを待ち、時間が美味しく育くんでくれるのを待ち、
じっくり煮込み練り合わせられるのを待ち、そしてこれらを経て口に入れた時こそ、心の静けさと共に体内の暑さが消えて涼しさを感じることができるのです。
黒色の中に輝く金色は、その生命の色彩です。
100年以上にわたり唯一無二を貫いてきた、ひたむきな純粋さです。

1900年、今から100年以上前、
彰化県員林市の張家は、仙草に人生を捧げました。
野生の仙草は当時の人々の生活と同じで、原野で根を張り、そして成長するためには必死に努力

しなければなりません。これは基本であり、不可欠なことなのです。
強さに磨きをかけ、臨機応変に対応する適応力も培ってきました。

契約農業–予見可能な将来とやりがいのある価値

台湾は人口密度が高く、このごろの都市部と農村部の急速な発展に伴い、多くの農村では人口の流出により農地が徐々に荒廃してきています。百年もの間、員林食品はこの地に根をおろし、成長し、繁栄してきました。仙草が世代から世代へと受け継がれ、仙草が安穏な暮らしをもたらしてくれました。次の百年はこの大地からもらった恩恵を大地に還元するという理念に基づき、2017年に台湾の苗栗(びょうりつ)県銅鑼(どうら)郷と契約栽培という形で、員林食品向けの仙草とともに台湾という地への感謝の気持ちも植え付けました。
苗栗県銅鑼郷は仙草の栽培に適した環境であることに加え、現地の農家は仙草栽培の経験があります。契約栽培により農家の収入が安定し、仙草の品質も向上します。さらには、より多くの農家に、当社の取り組みを周知し賛同を得て、仲間に加わっていただくことを考えています。産学連携と研究開発を通じて、苗栗県銅鑼郷産の仙草を差別化できる特色あるブランド農作物とすることを目指します。農村から流出した人材が帰郷して耕作に取り組むことを奨励し、農村の発展を活性化させ、農業が台湾に新たな栄光をもたらすようにします。